おんたけさん 敬神大教会 |神道修成派|敬神大教会|七福神社|ご祈祷・鑑定の案内|教会のお知らせ|神魂の創造|自分とは|野ブタのきずな物語|絵でみる悟り|命のきずな物語|お問い合わせ|サイトマップ|
おんたけさん敬神大教会ご祈祷・運命鑑定のご案内>七五三参り


七五三参り

七五三で、神様に感謝しよう。ここまで成長できたことに【ありがとう】と言おう。

七五三は、日本古来より受け継がれている子供の成長を祈念する神事です。ここまで成長できたことを神様に感謝し、今後もすくすくと成長できる事をお祈りします。

毎年11月に入ると、着物姿や可愛い衣装で神社にお参りに行くのをよく見かけます。子供さんにとってはハレ舞台。神社で写真撮影も「はい、ポーズ」と、慣れないポーズで子供も必死ですね。写真屋さんで家族の記念写真も皆さん撮られますね。

三歳のお祝いを髪置(かみおき)と言います。男・女の子、三歳で髪を延ばすお祝いの神事です。

五歳のお祝いを袴着(はかまぎ)と言います。男の子、五歳で袴を着けるお祝いの神事です。

七歳のお祝いを帯解(おびとき)と言います。女の子、七歳で紐を帯に替えるお祝いの神事です。

七五三参りは、古来より数え年でお祝いをしていました。しかし、現在ではお子さんの成長にあわせて満年齢でお参りをする方も増えてきています。着物、袴、衣装に合わせたり、髪の伸びに合わせたりしています。

正式には、11月15日に成長を祈願する習慣となっております。
この吉日は、5代将軍徳川綱吉が子の徳松の祝儀をこの日に行ったことに由来するとか、暦で吉日に当たる日としてこの日が定着してきたとも言われています。


今年の七五三の年齢はこちらから→七五三参りの年齢・生まれ年




七五三参りのご祈祷


七五三参りのご祈祷を受け付けております。



◆ご祈祷の内容

1組ずつのご祈祷になりますので、予約をお願いします。
ご祈祷時間は、約20分です。

服装は、普段着でも良いです。


◆お守りとお札(ご祈祷料5,000円の中に含まれています)
  1. 成長祈願のお札
  2. 成長守護矢
  3. 福お守り
  4. 祈願絵馬
  5. 千歳飴
  6. 七五三記念品
  7. お菓子


◆ご祈祷料

1人 5,000円
2人 8,000円(兄弟姉妹)
3人 10,000円(兄弟姉妹)

★お守り・お札等を含んでいます




当日の流れ


受付[10分]
ご祈祷で読み上げます、住所・氏名を記入していただきます



祈願絵馬
願掛け絵馬に願い事を記入していただきます



祈祷料
ご祈祷料をお納め下さい

祝儀袋に入れる場合、リボン上に「玉串料」
下に「保護者の氏名」を記入して下さい

祝儀袋に入れずに納めていただいても結構です



記念品を選ぶ
お子様に記念品を選んでいただきます

※キャラクターは毎年変わります



ご祈祷[20分]
神前にて七五三のご祈祷を致します
予約いただいて一組ずつご祈祷になります
格好は普段着でも結構です




記念撮影
ご自由に記念写真を撮影下さい







七五三でよく目にする千歳飴は、長寿を願うものであり縁起ものとして紅白の飴になっています。袋は、鶴・亀や松竹梅など縁起物で飾られています。

七五三は、子供の成長を感謝し祈念する神事でありますが、他にも十三参りといって十三歳になった子が神社に参拝する風習もあります。

七五三参りが盛大に行われるようになったのは、大正時代からのようです。この風習は全国的に広がってき現在でも日本全国でお祝い事として執り行われています。




七五三参りのご祈祷
七五三、御徹下品-敬神    
   ★七五三参りの受付★

 〜御徹下品〜
  1. 成長祈願のお札
  2. 成長守護矢
  3. 福お守り
  4. 祈願絵馬
  5. 千歳飴
  6. 七五三記念品
  7. お菓子
 1人 5,000円
 2人 8,000円(兄弟姉妹)
 3人 10,000円(兄弟姉妹)

1組ずつのご祈祷になりますので、予約をお願いします。

敬神

|七五三参りご祈祷 お問い合わせ|
おんたけさん 敬神大教会
(けいしんだいきょうかい)
住所:〒441-8077 愛知県豊橋市神野新田町ロノ割154番地
TEL :0532-31-8595 (電話受付 月〜日 8:30〜18:00)
FAX :0532-31-7714 E-mail:メールフォーム

車30分内近隣市。東三河(豊川市、蒲郡市、小坂井市、田原市)。
車60分内。西三河(岡崎、碧南、刈谷、豊田、安城、知立、高浜)


大きな地図で見る

おんたけさん敬神大教会ご祈祷・運命鑑定のご案内>七五三参り
|神道修成派|敬神大教会|七福神社|ご祈祷・鑑定の案内|教会のお知らせ|神魂の創造|自分とは|野ブタのきずな物語|絵でみる悟り|命のきずな物語|お問い合わせ|サイトマップ|